企業情報

メニュー

事業概要

パチンコ・パチスロ遊技機の製造・開発

パチンコ・パチスロ遊技機の製造・開発
  • ©武論尊・原哲夫/NSP 1983, 版権許諾証YHB-107 ©Sammy
  • ©武論尊・原哲夫/NSP 1983, ©NSP 2007 版権許諾証YGL-126 ©Sammy

徹底した企画力、独創的な発想力、そしてそれを支える開発環境の下、「驚きと感動を創造する」「新しいことはサミーから」を開発テーマに、既成概念を覆すさまざまな新機能で数々の業界初を生み出しています。全てのユーザーの皆様に楽しんでいただけるインタラクティブ性を重視した独自性の高い遊技機を開発しています。

法的規制への対応と不正防止対策

製品を量産・販売する際は、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律施行規則」(以下、風適法施行規則)に基づく複数の許認可プロセスを経ることが義務付けられています。まず、一般財団法人保安通信協会(保通協)に型式試験申請を行い、材質・性能・遊技性などが風適法施行規則で定める規格に適合している旨の適合認定を取得します。その後、各都道府県公安委員会の検定を取得した後、次の営業・生産段階に進みます。
また、遊技機の射幸性の抑制と不正改造の防止を主な柱とした「風適法施行規則等の改正」(2004年7月より施行)を受けて、不正な方法で利益を得る、いわゆる"ゴト行為"を未然に防ぐために不正対策室を設け、継続的に市場情報を収集し不正に強い機械づくりに取り組んでいます。

環境への配慮・対応

開発・設計段階では、部材の共通化による資源の有効利用や、鉛フリーはんだ部品、水系接着剤等、環境負荷の少ない原材料を採用しています。生産段階では、部品調達先に容器包装削減を依頼し廃棄物の発生抑制に努めるほか、生産工程で発生する廃棄物のリサイクルや適正処理などに取り組んでいます。また、廃棄段階では使用済みパチンコを適正に処理するため、自社台の下取りを行うほか、業界団体回収システム等を利用した適正なリサイクル処理を行っています。
なお、パチンコは資源有効利用促進法の対象製品であることから、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の取り組みを徹底しています。(2012年度は遊技機のリサイクル率は98.47%、サーマルリサイクル除く)

環境への配慮・対応

安全・安心への対応

開発・設計段階では、部品やユニットの動作・耐久性など様々な角度から試験を繰り返し、製品の信頼性向上を図っています。生産段階では、JIS規格をもとにした独自の試験項目とあわせて、最新の画像検査装置も取り入れ、安定した品質を確保しています。また、製品導入後も安心して製品をご利用いただけるよう、ホール関係者向けのカスタマーサポートセンターを設け迅速かつ丁寧な対応を行っています。さらに2012年度からは、お客さまのご都合にあわせてご利用いただけるアフターサービス専用のカスタマーサポートオンラインを開設しました。今後も、いただいた声や要望を関連部署にフィードバックし、製品開発や品質のさらなる向上につなげていきます。